転職成功事例

面接通過ゼロから叶えたFP&Aの転職。

 

プロフィール
女性 34歳

Before:外資系系企業 会計&FP&A 年収650万円
After :外資系企業 FP&A 年収750万円

応募: 49社(サポート開始後17社)
書類通過: 27社(内 サポート開始後)
面接通過: 9社(一次)/5社(二次以降)
内定: 2 社

ーー なぜ転職しようと思いましたか?

現職の部署でも古株になり、今後のキャリアを考えた時に現職でこの先の自分のキャリアパスがイメージできず、これ以上のスキルを付けることが難しいと感じたためです。また、現職ではAccountingとFP&A両方の仕事を担当していたため、FP&Aに特化して挑戦したいという希望があったため転職を考えました。

書類通過率は高い方でしたが、一次面接に通過できずに半年ほど経っていました。
面接では緊張してしまい、伝えたいことが伝えられなかったりする悶々とした日々が続き、転職活動の進め方について悩んでいました。

ーー Wami Careerでサポートを受けてみていかがでしたか?

  • 転職活動の戦略的な進め方を知ることができた。(自分の進め方と全く異なりました。)
  • 面接の練習を何回もして頂き、自分の解答に対する印象を客観的に聞くことができた。自分はそういうつもりが無くても相手にどのように伝わっているかを気づくことができた。自分は人一倍面接が苦手なため面接対策はとても有効的でした。
  • 英語面接の対策をして頂き、回答についても何度も細かく添削して頂き、英語面接を通過することができた。
  • 最初は、自分のキャリアに自信がなく、面接でも自信の無さが出てしまったが、最終的には自信を持って面接で話すことができ、面接の通過率も変わった。

 

良かった点:

  • 希望しているFP&Aの転職を実現することができた(一人では実現できなかったと思います)
  • 職務経歴書とCVについて添削サービスを理由したことで、書類通過率が高くなった。今後の転職活動でも使用できるのでありがたい。
  • なかなか周りに話せない不安や、悩みを相談することができた
  • よく応募する企業の方向性や転職活動の進め方について迷子になることが多かったが、アドバイスを頂き自分が迷子になっていることに気づき、自分の原点を何度も確認することができた。(妥協してしまい、本来の目的を見失ったことが多々あり、アドバイスをいただくことで気づくことが何度もありました。)
  • 何度も、くじそうになったり、諦めそうになった時に一人ではないと感じたのは精神的に心強かった。
  • 自分のペースで転職活動を進めることができた。その時期に応じて仕事や、プライベートを優先する時は一回転職活動のペースを落とすなど無理のない範囲で転職活動ができた。
  • 自分の将来のキャリアの更にポテンシャルが見えた。自分のキャリアの強みと今後の課題が明確になった。
  • 今回自分の現状の市場価値について改めて知ることができた。

 

変化:

  • 転職活動に対する本気さと真剣さ(正直、サポート前は本気度が足りなかったと思います)
  • FP&Aのキャリアが夢から自分でも挑戦できるポジションであることに自信を持てたこと。
  • 女性のキャリアの積み方と、将来的なことを悩んでいたが、今は挑戦できる限りは自分のキャリアに挑戦し続けようと思えた点。
  • 転職活動をする前と、サポート後、現在で大きく成長できたことを実感できた。

 

ーー 転職やキャリアに悩んでる方にメッセージをお願いします。

希望しているFP&Aというキャリアがハードルがいかに高いかを転職活動中に何度も実感し、諦めようと思ったことも何度もありました。
諦めず続けて最終的に今の自分のスキルでのベストな条件、形で2社から内定を頂くことができました。働きながらの転職活動は大変ですが、自分の現状と向き合い、応募する会社の要件との距離や課題を埋めていくことが大事だと思います。

また、他の方が短期間で決まる様子を見て何度も自分はダメだと落ちこんだり焦ったりもしましたが、自分は自分と何度も言い聞かせ、乗り越えこともありました。でも、やはり自分のペースで続けることが大事です。もちろん短期で決まることが望ましいですが、長引いてしまう場合は少し休んだり、リフレッシュしてもいいと思います。

転職を考えていなくても自分の市場価値をを客観的に知るためにも一度動いてみるのはとても大事だと思います。現職への仕事の取り組み方も大きく変わりました。もちろんサポートしていただけるのは心強いですが、最後に決断し決めるのは自分です。自分の決断がこちらの会社でいいか、キャリアでいいか悩んでいる期間は苦しいです。うまくいかないこともあります。でも、悩んだり、うまくいかない事は決して無駄ではありません。決断したり、うまくいかなかった先に、また見える道もあると思うので自分を信じて、挑戦し自分のキャリアの可能性を広げてください。

 

ありがとうございます。

転職活動を振り返って、サポートを受ける前は手当たり次第応募していたとおっしゃっていました。サポート後は、書類通過率は50%から70%に、課題だった面接は、サポート開始後最初に応募した会社で最終選考まで進むことができました。

それから内定獲得までは時間がかかりました。サポート中はかなり厳しいことをお伝えしたと思います。外資系FP&A職では比較的高い英語力とコミュニケーション力が必要とされますので、伝え方や日々のやりとりの中で改善できることをアドバイスしましたが、いつでも真摯に受け止め改善しようとしていた姿勢が印象的です。

また、もともとはFP&Aの経験を積みたいというスタンスでしたので、これから経験を積むのではなく既にある経験をどのように活かして企業に貢献できるか?という意識を持つようにお伝えしました。これは他の多くの求職者にも共通することですが、特に30代以降ともなれば、入社後勉強したい・経験を積みたいという姿勢よりも、どのようなスキル・実績をベースにどのように企業に貢献できるのか?を考え、それを職務経歴書に盛り込み、面接でもしっかり伝える必要があります。

今回は日英での面接対策をしっかり行ったことで、転職活動の終盤には海外にいるマネージャーとの英語面接も難なくこなせるようになり、その成長には逞ささえ感じました。

新天地ではFP&Aのスペシャリストとしての活躍を祈っております。

転職活動がうまくいかないという方は必ず何か課題があるはずです。薄々自分では気が付いているけれど、それを指摘されることは気分が良い事ではありません。また、それを解決することはそう簡単ではなく、時間がかかるかもしれません。けれど、これまで同じことをしていては違う結果は期待できません。是非、メンターに頼ってみてください!