20代の転職

20代公務員の、転職活動の末に掴んだ新しいチャンス

プロフィール 

男性 26歳
国家公務員 → 他組織への出向

応募:10件
書類通過:2件
面接通過:0社
内定:0社

ーー なぜ転職しようと思いましたか?

年収アップをしたかったからです。
理由としては、仕事や仕事以外(読書、英語学習、筋トレ等)における頑張りの成果を数字(年収)で判断したいと考えたからです。
年収が高ければ幸福になるとは思いませんが、受験での偏差値、部活動での大会順位と同じようなものとして、年収を追い求めてみたいと考えていました。

 

ーー wami careerでサポートを受けてみていかがでしたか?
良かった点は3つあります。

①客観的で的確なフィードバックをもらえたこと。
就活のときは人に頼ることができず、視野が狭いまま就活を終えてしまいました。その反省を活かし、客観的な意見をもらいながら転職活動を進めるためにwami careerのサポートを受けてみましたが、最善の選択だったなと思います。

②転職活動の経験が現職にも活きたこと。
職務経歴書の作成や面接対策を通じて、言語化スキルが高まったと感じています。当然のことながら思考やコミュニケーションは言語を用いて行われるため、仕事がさらにスムーズに進められるようになりました。

③転職以外の選択肢も快く認めてくれたこと。
転職活動がなかなかうまくいかず、職場内の公募に気持ちが傾いたとき、私は「転職サポートなんだから、転職という選択肢がなくなった時点でメンターの方も嫌がるだろうな…」と気が引けていました。ところが、勇気を出して伝えてみると全くそういったそぶりはなく、むしろ全力で応援してくださりました。今となっては、「wami careerのサポートはただの転職サポートではなく、その人のキャリア・人生のサポートなんだ」と自信をもって言えます。あくまで人生の決定権は本人にあるということを尊重してくださって非常に嬉しかったです。

ーー 転職やキャリアに悩んでる方にメッセージをお願いします。
私からのメッセージは2つあります。

①「視野を広く持ちましょう。」は、言うは易く行うは難しの典型だと思います。私もそうだったのですが、キャリアに悩んだ人は「このまま残る?それとも転職する?」というシンプルな2択に陥りがちです。冷静に考えれば、「社内で異動希望を出す」という第3の選択肢もあるはずなのですが…。視野を広げるために必要なのは客観的な視点。wami careerは客観的な視点を得るための1つの選択肢になると思います。

②wami careerのサポートはただの転職サポートではなく、その人のキャリア・人生のサポートです。おそらく多くの方が転職を目的にサポートを受けると思いますが、サポート期間を通じて「現職に残る」「職場で異動希望を出す」などの転職以外の選択肢が浮かんだら、遠慮なくメンターの方に相談してみてください。きっと応援してくださるはずです。

 

ご感想いただきありがとうございます。
選んだ進路が転職ではなく公募での異動でしたが、今後のキャリアにとって間違いなく最高の選択だったと思います。おめでとうございます!

メンタリングのセッションを通してご自身の強みを言語化し、翌日の仕事での自分自身の行動や思考から、それらを再認識されていました。期間中は本当に自分自身と真摯に向き合っておられました。だからこそ掴み取れた進路だと思います。また、徐々に視座が高まっていく過程に私自身も刺激を受けました。当初は年収アップが目標でしたが、組織の長となって地域へ貢献したいという中長期的目標を掲げるなど、広い視野でキャリアを考える機会となったと思います。

人生の大きなステップに立ち会えたこと、そこに少しでもお役に立てたこと大変嬉しく感じています。

新天地でのご活躍をお祈りしています!

 

wami careerでは転職経験があり現在も第一線で活躍する会社員のメンターが、あなたの転職をサポートします。