メンター

ダイバーシティ責任者からキャリアに悩む若手へのメッセージ


グローカル姉

【転職サポート料金】
30,000円(税込)

【メンタリングセッション料金】
15,000円/1時間(税込)

【対応時間帯】
平日 19時〜
週末 要相談

20代のキャリア 人事系キャリア 若手転職者のキャリア

ーー これまでのキャリアを教えてください。
大学を卒業後、大手外資系IT企業に就職。配属先が全くの希望外のシステムコンサルタントになり、最初は泣きながら必死に仕事をこなしていました。結婚に伴う海外移住により、2年半ほどで退職しましたが、帰国後に同じ会社に戻って、それ以降は出産も経て、フルタイムで働き続けています。

10年以上同じ会社にいて、転職などは全く考えていませんでしたが、ちょっとしたきっかけから大手外資系製薬企業に転職しました。そこで人材育成関連のマネージャーとなり、合併による統合作業などを経験もしました。

その後も別の製薬企業に転職し、ダイバーシティ関連のチーム立ち上げとリードを任され、そこから10年以上同様の仕事に携わり、現在は4社目で日系のグローバル企業でダイバーシティ・組織風土改革関連の部長をしています。

 

ーー 最初の転職はちょっとしたきっかけとありますが、どのようなきっかけだったのでしょうか?
実は知り合いからの声掛けでした。今で言う、リファーラル採用ですね。
定期開催される異業種交流会に前任者から引き継いで参加。リーダーのような役割を担っていたのですが、その場で知り合った人に「そろそろ新しい事にチャレンジしないといけないタイミングかな」と話していたら、「うちの人事でポジション空いてるけど、人事のヘッドに会ってみない?」と言われ、それが初めての転職に繋がりました。

 

ーー これまで人事領域でキャリアを作ってこられましたが、人事職で年収をあげていくにはどのようなことが必要だと思いますか?
一言で人事と言っても様々な職種があります。労務・給与・採用・育成などなど。

スペシャリストになりやすい職種が多いですが、そこで1つのみで尖ると年収の限界が来ます。それを避けるためには、軸足を持ちながらも関係する範囲を広げて、出来る事を広げたり徐々に軸足をズラすことです。私の場合は、育成→労務→ダイバーシティ→組織風土改革と軸足をずらして来た事で出来る範囲でや責任範囲が広がり、年収も上がりました。

 

ーーこれまでたくさんの方からキャリア相談も受けてきたとの事ですが、キャリアに悩む方へのコアメッセージを教えてください。
「こうあるべき」と決めつけすぎない事が大事かと思っています。

特に、数年後こうあるべきだと思い込みすぎると逆に思考の幅が狭まって、身動きが取れなくなる時もあります。時には「こうなりたくない」から考えてみて、それを反転させて「なりたい姿」を見出して、自分のキャリアを考えてみるのもアリだと思っています。

キャリアは上ばかりではなく、横にも斜めにも広げられるものだと思っているので、難しく考えすぎないのがいいかなと常々考えています。

 

ーーこれから転職活動を始める方にメッセージをお願いします。
まずは「どうして転職したいのか?」の原因を考えるのは大切だと思います。今の会社や仕事の何が不満で転職したいのか?本当に転職する必要があるのか?と自分に問いかけ、「やはり転職したい」となったら、どういう条件であれば今の不満に思う点や懸念点を払拭できるのか?を考えてみて、その条件に合った仕事や会社を探すという流れで進めていくのがオススメです。

「隣の芝生は青い」のはどこに行っても同じで、転職したらしたらで意外と思っていたところを違うということもあります。だからこそ、自分が転職したい理由を明確にし、諸条件をしっかり考えるのが最初にすべきポイントかと思っています。

 

お申込みはご希望のサービスをクリックしてください。
転職サポートメンタリングセッション